深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  2013冬アニメ  >  幕末義人伝 浪漫 >  幕末義人伝 浪漫 第9話感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幕末義人伝 浪漫 第9話感想

巫女さんが想像以上に強くてびびった。
投げた武器が戻ってくるというのは定番の技ではあるとはいえ、形勢がころころ入れ替わる展開で、見ていて楽しかった。
結局、孫一が痛みを感じない特殊能力持ちだから負けちゃったけど、大健闘といっていいだろう。
正直、あっさり銃で撃たれて終了だと思っていた。
純粋な戦闘力なら、浪漫軍勢の中で最強なんじゃないだろうか?

その後の浪漫と孫一の戦闘も良かった。
いきなり、浪漫がからくりスーツで圧勝したときは、ずるいと思ったけど、実は、孫一もからくりスーツ持ちだった。
からくりスーツの無敵設定が理不尽すぎて、一対一の対決は盛り上げようがないと思っていたけど、からくりスーツ同士の対決にするというのはうまい。

孫一の巫女さんにやられた足の傷が開く描写も良かった。
巫女さんの健闘が無駄じゃなかったという意味でも良かったし、
孫一がそんなにストレートに負けるほど弱いわけではないっていうのが伝わるのも良かった。

春桜は結局、小春自身のことだった。
飾り箸自体はただの証拠品であって、特殊な力は無い、ただの箸だった。
今まで、さんざん箸に注目させられてきたから、実は小春が重要でした、っていう展開は衝撃を受ける。

駄犬だと思われていた、さくらが実は由緒正しい狛犬だったということにちょっと笑った。
ときどき、いい働きをしていたのは、偶然ではなかったみたい。

外国人&阿国さんは、小春を利用して国崩しを目論んでいるっぽいけど、
孫一たちは何がしたかったんだろう。
小春を浪漫にとられる前に、殺そうとしてたし、徳川家に連れ返したいわけではなさそうだった。
孫一たちが、徳川家を守る側なのか、つぶす側なのかさえ分からなくて、混乱する。

まあ、ともかく、真相も明らかになってきてはいるし、アクションシーンのクオリティが戻ってきたし、この調子が続けばいいなと願わずにはいられない。
けど、来週からまた低クオリティに戻りそうな気もして恐ろしい。


トラックバック送信先
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6764.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/30409-588e.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2325.html
[ 2013年03月07日 09:59 ] カテゴリ:幕末義人伝 浪漫 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

幕末義人伝 浪漫 9話「ばんばんばばんと、大盤振舞!」の感想
家定のご落胤ってのは思い切った設定って気がしますが。 病弱で普通に正室も側室も解任しなくて将軍継嗣が問題になった将軍だからなー。 と、まぁ謎の飾箸春桜とはなんだったのか...
[2013/03/07 12:29] 真実悪路
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。