深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  2013冬アニメ  >  幕末義人伝 浪漫 >  幕末義人伝 浪漫 第7話感想

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幕末義人伝 浪漫 第7話感想

久々に外国人軍団が登場。
構図としては、幕府を倒したい人達がいて、その人達に武器を流している外国人がいると。
で、阿国はその仲介をしているということらしい。
烈風隊みたいなのが表の敵で、外国人が真の敵。
阿国はおまけのような位置づけで、愉快犯という感じがする。

阿国の正体はどうやら、昔、浪漫が見捨ててしまった少女のようだ
浪漫の話では、その少女は島原に戻って死んだということだったけど違ったらしい。
阿国の話を聞くと、浪漫に救いを求める心が死んだ、というだけで、本人が死んだということではないっぽい。

阿国としては、京都を燃やし尽くすのが目的と、以前語ってたけど、
裏切られた憎しみとか、人間不信が原因なのだろうか。
浪漫にとってはきつい展開になったなって感じ。
過去の失敗を乗り越えて、がんばろうとしているときに、過去の失敗を直接つきつけられるんだから。
阿国を裏切った張本人が浪漫なわけだし、浪漫には阿国の暴走を止める資格もたぶん無いんだろうし。

最後の、倒れた助け屋の看板を映すシーンは良い味が出てた。
浪漫の助け屋としての志が折れてしまったこと、そして、その寂しさが、すごくうまく表現されてたと思う。

ちょっと展開としては暗くなったけど、馬鹿馬鹿しい展開が続くよりは、
こんな感じの方が自分としては嬉しい。
予告を見る限り、来週はさらに、浪漫が堕ちていくっぽい。
なんか、るろうに剣心の、剣心が落人村送りになった展開を思い出させる。
浪漫も志を取り戻すことになるんだろうけど、一体、何がきっかけになるのだろう。
[ 2013年02月19日 17:01 ] カテゴリ:幕末義人伝 浪漫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。