FC2ブログ

深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  スポンサー広告 >  未分類 >  ココロコネクト 第9話 唯の男性恐怖の解決があっさりだった

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ココロコネクト 第9話 唯の男性恐怖の解決があっさりだった

稲葉以外の問題はあっさり解決しすぎて拍子抜け。唯に男を傷つけた後悔の気持ちがあるから、また男を傷つけることはない。だから、自分を信じ、不安を乗り越えて前に進もう、ということらしい。要するに難しいと思っていた問題が実は簡単でしたというオチ。もし、唯の男性不信がもっと深刻で、傷つけたくない気持ちで抑え込めないほどのものだったらどうしていたのかと突っ込むのは意地が悪いのだろうか。まあ、話し合うのが大切とか、一度失敗したからといって不安に負けないのが大切というのは分かるし、良い教訓と思う。 けど、そういう教訓を得る題材として、男性恐怖症を扱ったのはどうだったか。現実の男性恐怖症はそんなに簡単に解決するのかと疑ってしまう。

稲葉の部室以上に大切なものって何だろう。太一のことが好きということでいいのか。それがばれると、伊織と衝突し太一の側にいられなくなる。さらに部室にもいられなくなる。そういうのを危惧して稲葉は周りとの関係を絶っているということか。

フウセンカズラはやっぱ良い人に思える。半引きこもりの稲葉を救うために、稲葉が気づいていない問題点を指摘してあげてるようにしか見えない。太一が好きなら好きと言った上で、太一や他のメンバーと関わるべきということなのだろう。まあ告白すれば一時的に関係は悪化するし傷つくけど、傷つくことを恐れて一人でいるよりは、傷ついてもみんなといるほうが良いというような展開になりそう。
[ 2012年09月02日 10:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。