FC2ブログ

深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

更新停止

更新停止
スポンサーサイト
[ 2012年09月05日 11:49 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

織田信奈の野望 第9話 感想

清水寺での戦闘がけっこうよかった。明智光秀が幻術にはまって寝返るのかと思ったが、信奈が助けに来た。信奈も暗殺されそうになってたし、明智も暗黒化しかかってたし、最悪な結末を予想させて盛り上げる演出がうまいなという感じ。

松永は四つん這いでの降伏宣言が、いかにも屈服してるという感じでエロさを感じた。松永まで仲間になる展開は驚きだったが、貴重な大人エロキャラが残ったのは良いことだ。
[ 2012年09月03日 07:51 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

ココロコネクト 第9話 唯の男性恐怖の解決があっさりだった

稲葉以外の問題はあっさり解決しすぎて拍子抜け。唯に男を傷つけた後悔の気持ちがあるから、また男を傷つけることはない。だから、自分を信じ、不安を乗り越えて前に進もう、ということらしい。要するに難しいと思っていた問題が実は簡単でしたというオチ。もし、唯の男性不信がもっと深刻で、傷つけたくない気持ちで抑え込めないほどのものだったらどうしていたのかと突っ込むのは意地が悪いのだろうか。まあ、話し合うのが大切とか、一度失敗したからといって不安に負けないのが大切というのは分かるし、良い教訓と思う。 けど、そういう教訓を得る題材として、男性恐怖症を扱ったのはどうだったか。現実の男性恐怖症はそんなに簡単に解決するのかと疑ってしまう。

稲葉の部室以上に大切なものって何だろう。太一のことが好きということでいいのか。それがばれると、伊織と衝突し太一の側にいられなくなる。さらに部室にもいられなくなる。そういうのを危惧して稲葉は周りとの関係を絶っているということか。

フウセンカズラはやっぱ良い人に思える。半引きこもりの稲葉を救うために、稲葉が気づいていない問題点を指摘してあげてるようにしか見えない。太一が好きなら好きと言った上で、太一や他のメンバーと関わるべきということなのだろう。まあ告白すれば一時的に関係は悪化するし傷つくけど、傷つくことを恐れて一人でいるよりは、傷ついてもみんなといるほうが良いというような展開になりそう。
[ 2012年09月02日 10:07 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

ソードアートオンライン 第9話 ボスを単独で撃破、両手剣強すぎ

ボス戦がすごい盛り上がった。ボスを倒すために数十人は必要という話をキリトとアスナでしていたのに、そのボスを一人で倒してしまうとは、両手剣キリト強すぎ。アスナとの会話で、盾を持たないことに秘密があることを匂わせ、期待させる演出もよかった。期待させて、期待以上の結果を見せられると、すごい満足感がある。

サチが死んだシーンの回想も、放っといたらみんな死ぬという危機感が伝わってきてよかった。クラインの「お前が飛び出していったのは嬉しかった」というキリトへのセリフも良かった。作品全体に命は大切、命を守ろうという気持ちも大切というメッセージが込められている感じがする。

ちょっと問題に思ったのは最初にわりとあっさりボスから逃げられたこと。前回の終わりの雰囲気からすると、その場で二人で戦わざるを得なくなるようなピンチという感じだったのに騙されたような感じがした。今回の終わり方も決闘に注目させる作りだが、本当に注目に値する内容になるのか疑問だし、状況説明が不足している気がする。キリトがボスに勝って目を覚まし、周りと会話したところで終了にする方が良かったのではないか。
[ 2012年09月02日 09:03 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

DOGDAYS' 第9回 ガレット行き確定と思いきやエクレ逆転勝利

エクレが勝つとは思わなかった。エクレが負けてガレット側について、来週はエクレ対シンクみたいになるのかと思っていた。それはそれで盛り上がりそうだが、恋愛でドロドロした争いをするのはこのアニメらしくない気もしていた。でも、結局、瀕死で武器も防具も無い状態から気合いで逆転勝ちという熱い展開に。エクレがみんな大好きって叫んだシーンもよかった。そういうみんな仲良しみたいな雰囲気をほのぼのと楽しめるのがこの作品の良さだなと再確認。

しかし、シンクにはミルヒがいるし、エクレの恋が実ることはありえるのだろうか。失恋に終わることが分かりきってると思うと、シンクを好きと叫ぶエクレがちょっと哀れな感じもしてくる。

今週は戦闘での脱衣は無かった。まあ、レオ対エクレ戦は真面目だったから脱がせるわけにはいかないのはわかるが、他の場所でだれかに脱いでほしかった。シリアス化すると脱衣が減るのが残念だ。
[ 2012年09月02日 07:53 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

カンピオーネ 第9話 恥をかきまくるリリアナ

生と不死のはざまって何、パンドラってだれ、1話見逃したのかと思った。ドニとの戦いもそうだけど、知らぬ間に主人公が何かを経験してる展開は混乱するからやめてほしい。

ゴドウが復活したのは当然と言えば当然だが、それをエリカが「殺されたぐらいで死ぬような可愛いげはない」と、さらっと言い切ったのは面白い。まあ、信頼してるということなんだろうけど、殺されても別にどうでもいいと言ってるような恐ろしさがある。

新メイドキャラのカレンはなかなかの小悪魔で良い仕事をしていた。これからも、リリアナを恥ずかしい罠にかけていってほしい。

リリアナは恥をかきまくり、脱ぎまくりで大活躍だった。自作小説の内容が乙女チックなせいもあって、一気に威厳が失われ、親しみやすさが大幅に上がった。恥をかいて、真面目に戻って、また恥をかくというドタバタ感がいままでにない楽しさだった。

ペルセウスの正体が判明したっぽいが、言葉だけで、神に関する説明を聞かされるのはきつい。そもそも神話に関する基礎知識がないとついていくのが難しい気がする。
[ 2012年09月01日 08:14 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

アクセルワールド 第21話 心の傷とアバターと心意が関連してるのは面白い

久々の登場のニコのロリ毒舌がいい味だしてた。ハルユキに「丸いね」、タクムに「暗いね」って、ニコニコしながら言う言葉じゃない。

心意のしくみがいろいろ明かされた。心意は攻撃、装甲、射程、移動の四種類がある。使えるのはアバターの性質にあっているものだけ。ニコは移動と射程、ハルユキは射程、タクムは攻撃が使える。

ニコが攻撃心意を使えないのは変な感じがした。たしかにアバターそのものの印象は移動と射程という感じだけど、大型ロボット化したときはいかにも攻撃という感じなのに。そもそもアバターは心の傷が形になったもののはず。で、ニコは世界を遠ざけたいという気持ちが現れている。それなら大火力の攻撃手段を持っている時点でおかしくないか。世界を破壊したいというのなら火力が強くても良いけど、離れたいなら移動手段だけあれば十分じゃないのか。ニコは高速移動可能な遠距離狙撃タイプじゃないと説明とあわない気がする。

タクムのほうは分かりやすい。いじめられた心の傷が、攻撃を防ぐ厚い装甲と、反撃する鉄杭になったということで。心の傷と向き合える強さを身につければ、心意が使えるようになって、反撃のための攻撃力が上がるというのも納得できる。

ハルユキの場合はどうなんだろう。アバターは羽がついてるけど、のろまな自分が嫌だという心の傷の現れだろうか。心意はいまのところ射程のみだが、移動のほうがアバターにはあってる気がする。移動会得はこれからか?

先輩やチユや能美のアバターにも心の傷が現れているのだろうか。能美に心の傷なんてあるのかな。子供の頃に何も与えてもらえなかった心の傷が略奪アバターになったとか?
[ 2012年09月01日 06:59 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

じょしらく 第9話 私服姿で髪型も変わってる

キグが危惧する話はかなり面白かった。妄想の中でのアンパンマンやディズニーランドがブラックすぎて笑った。アレンジの仕方の大胆さや相手を選ばない感じがすごい。マリーのステージ上での四つん這いでの尻公開はエロすぎ。名前が書かれた紙で大事なところが隠れているところがよけいに恥ずかしくてエロい。

動物園の話は面白さはいまいち。印象に残ったのはキャラの外見。というか外見チェックに夢中で話にあんまり集中できなかった。で、服装は中の下という感じだったが、髪型が普段と違ってて可愛かった。特にテトラとマリーの髪型が落ちついた上品な感じで良かった。ガンも可愛くは無いけど、大人のお姉さんという感じで綺麗だった。

マリーの夢の話はオチが不思議な感じ。マリーの夢オチかと思いきや、マリーまで消えた。わけわからないけど、わけわからない感じが楽しい。大騒ぎして終わるとは限らない、展開の幅の広さがすごいと思う。

夢の話は、服装も良かった。アラブの金持ちの嫁衣装も、アイドルのステージ衣装も、画面に映ったのはわずかだったけど、動物園の話の服より良かったような気がした。っていうかマリーの衣装も見たかった。
[ 2012年09月01日 04:52 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)

エウレカセブンAO 第18話 フレアの存在感が向上

アオが家出し、フレア、エレナに連れ戻される話だった。フレアがアオへの友情に目覚めたり、アオがゲネブルに戻りたい気持ちに気づいたり、少年漫画みたいなスッキリした展開だった。

フレアは最近は影が薄かったけど、存在感を取り戻した感じ。下着姿も可愛かった。ここまではっきりした下着姿の公開は初のような。下着のデザインのクオリティも妙に高かったし思わぬサービスに満足。

フレアとエレナの喧嘩は意味深な内容だった。フレアの傷はなんなのか。フレアの父親嫌いと関係ありそうだが、エレナに「フレアは知ろうとしてない」とか言われてるし、フレアはなにかを誤解して父親を嫌っているのだろうか。エレナは相変わらず謎だらけ。だけど、フレアに「聞いてほしかった。聞かないのが優しさと思ってるの?」とか言ったりしてるし、救いを求めてるようにも見えた。歌手ミランを殺したと言ってるけど、率先してアオを助けようとしてたし悪者ではなさそう。

ガゼルが「アオを助けるようにけしかけたのは俺」と言っていたのはどういうことなのか。フレアが訪ねてきたときにわざと他の女の存在を匂わせて追い払ったことを言ってるのかな。ガゼルに冷たくされれば、フレアの気持ちはアオに向かうとガゼルは読んでいたということ?分かりにくいし、そもそも、ガゼルが雑魚キャラっぽく見えて、フレアがガゼルを好きというのが納得しがたい。好きになる過程も描かれていなかったし、フレアのガゼル訪問シーンは唐突だと思う。

これからはゲネラシオンブルが世界中の国と戦う流れになるみたい。クォーツを隠していたからテロリスト扱いされたのだから、隠していた理由を言えばそれで終わりじゃないのか。ゲネラシオンブル上層部には何か考えがあるのだろうが、パイロットや他の乗組員は隠しごとをする上層部に疑問を感じないのだろうか。そのへんに不自然さや説明不足を感じずにはいられない。
[ 2012年09月01日 03:54 ] カテゴリ:未分類 | TB(0) | CM(0)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。