FC2ブログ

深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  まおゆう魔王勇者

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まおゆう魔王勇者 第7話 感想

戦争から一転、ほのぼのに戻った。
賄賂も減って、世の中変わっていってるっぽい。

メイド妹の炭酸オレンジジュースの話は地味に印象的だった。
今までずっと、魔王が新しい技術・知識を教えて、それをみんなが真似するって流れだった。
それで、たしかに、人間界は豊かになったけど、新しいものを生み出す力を人間が磨くことも必要じゃないかって気になってた。
そういう力が無いと、魔王がいなくなったときに、産業の発展が止まっちゃうんじゃないかって。
けど、今回の炭酸ジュースみたいに、魔王の知識と、人間の想像力で、新しい何かが生まれることもあるというのなら問題無さそう。
魔王もそういう発想を歓迎しているようだったし。

開門都市の見捨てた人は、秘密結社らしきところで裁判にかけられてた。
この場にいた人たちが、戦争を必要とする経済を作り出している人々ってことなのだろうか。
思った以上に、宗教的な感じでちょっとびっくり。
自分としては、肥え太った政治家みたいな人たちを想像していた。

勇者が火竜公女といちゃついているタイミングで地震発生。
魔王が切れたのかと思ったけど、全然、違った。
魔界に免許更新に行く必要があるらしい。
戦争で、人間側について、魔物のセイウチをやっつけたわけだし、魔界に戻ったら一波乱ありそう。
OPでメイド長がぼろぼろになっているし、悪い予感しかしない。

教育がもっとも大きな力、っていう魔王の思想は考えさせられる。
教育が重要なのも教育がないと理解されない、ってのはたしかにそうだな、と思う。
勉強なんかして何の役に立つの?という疑問は現代の学校でもよくある。
そういう人には、教育を受けたことで得をしている人間の姿を実際に見せるのがいいんだろうなと思う。
教育がなぜ、得につながるのかというプロセスがわからずとも、とりあえず、教育を受ければ得をするということを納得してもらえば、次に進むことはできそう。
そういう意味でも、実際に村を開拓するという理解を得やすい手段で革命を進めている魔王のやり方はうまいなと思う。

トラックバック送信先
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-844.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67805880.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-598.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51711829.html
http://kagura77.blog99.fc2.com/blog-entry-3617.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3722.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2777.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2154.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-852.html
http://hikage27.blog130.fc2.com/blog-entry-2105.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2013/02/maoyu-7.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-573.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-2138.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6714.html
スポンサーサイト
[ 2013年02月16日 10:35 ] カテゴリ:まおゆう魔王勇者 | TB(15) | CM(0)

まおゆう魔王勇者 第6話 感想

どうして戦争が起きるのかっていうテーマで、魔王とメイドがしていた議論は面白い。
魔王が戦争の原因について、経済以外の側面から語ったのは初めてではないか。
魔王は戦争の原因は人間の多様性と考えているっぽい。
異なる存在同士が争いあうのは必然、みたいな。
しかし、だからといって戦争を無くせないと考えているわけではないらしい。
「いずれ卒業するために必要、逆説的だがそういう事象もあるのではないか、最初から大人として生を受けることができないようにな」
この魔王の発言は抽象的ではあるが、おそらくは、人間は争いから何かを学ぶことができるというような意味だろう。
卒業というのは、自分とは異なる他人と争ってしまう子供から、他人と違いを認め合って協力しあえる大人になるというような感じか。

魔族と人間が共に暮らす街があったが、結局、人間の兵士がいなくてなってしまって、魔族との交流地として再建していくことになった。
この街なんかは、魔王の言っていた卒業を実現できる可能性のある場所ではないかと思う。
人間と魔族が交流しあい、ときに争いながら、理解を深めていくっていう。

人間と魔族との戦争で、普通に魔王が人間側についていたのは驚きだった。
産業の発展をメインにして、じわじわ戦争を減らしていく方針かと思っていたが。
魔族が戦争で死ぬことを魔王が仕方ないものとして受け入れているように見えて、ちょっと冷たい気がした。
出来る限り、魔族を逃したかったとか言ってはいたし、将軍のセイウチが死んだときは悲しそうではあったけど。
現代の感覚からすると、戦争でだれかが死ぬっていうのはとんでもないことのように思う。
けど、この物語の時代では、わりと日常的なことなのかな。

今回はわりと勇者が活躍していた印象がある。
爺によれば、勇者超強いらしい。
魔王のそばにいると、役立たずなエロガキというふうにしか見えないけど、そんなことはなかったみたい。
仲間を置き去りにして、一人で魔王城に乗り込んだのも、あまりにも自分が強すぎるから、仲間たちに遠慮したということらしい。
しかし、やっぱまだ、魔王に比べると勇者の活躍が足りない気がする。
戦争でばりばり勇者が戦えればいいんだろうけど、魔王は積極的に戦争したがってる訳じゃなさそうだし。
なんか、勇者が大して働いていないのにハーレムな感じになっているのがどうにも好きになれなくて悩ましい。

トラックバック送信先
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51711028.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67800498.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-582.html
http://air.ap.teacup.com/aamix/1075.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-830.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-834.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2769.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2148.html
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-3236.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-2128.html

[ 2013年02月09日 08:05 ] カテゴリ:まおゆう魔王勇者 | TB(11) | CM(0)

まおゆう魔王勇者 第4話 感想

■勇者の心情と今後の活躍の可能性について
魔王を避ける勇者の心情は興味深かった。
魔王から好かれていることは知っているし、大事にされること自体が嫌なわけじゃない。
けど、勇者としての力を頼ってもらえないことが、勇者をみじめな気持ちにさせているってところだろうか。
魔王のためになにもしてやれていない罪悪感みたいなのもあるのかな。
まあ、たしかに、農学や工学の力で生活を豊かにしていくという今の魔王の方針の中では、勇者の出番はなさそう。

どういう展開なら、勇者に出番が回ってくるだろう。
勇者としての力というとやっぱ戦闘力だけど、戦争終結させるのが目的なら魔族を倒すという路線はなさそう。
戦争したがる人間を勇者に押さえ込んでもらうという展開はどうか。
ガンダム00みたいに、勇者が魔族と人間の戦闘に武力介入して強制的に停戦させるとか。

武力以外だと勇者の知名度を活かすという道はありそうだけど、勇者は魔王と戦闘後、行方不明ってことになってるし、そういうのは無理そう。
知名度を活かしても良いなら、人間相手の宣伝活動にはうってつけの人材なのにもったいない。

■同盟との交渉を通して見える戦争終結のために必要なもの
魔王と同盟の交渉は最初は穏やかな感じで、とうもろこしで開拓計画は素晴らしいと同盟も認めていた。
しかし、そこで、魔王が戦争終結の話を持ち出したら雰囲気が一変。
魔王が同盟の味方なのか敵なのか、みたいな話になって、信頼関係が築けないから交渉決裂という流れに。
そこで、魔王が損得勘定が同盟と魔王をつなぐ絆になるというようなことを言い出して、同盟もそれを認め、交渉は無事成立。

なんていうか、魔王のやり方なら生活を豊かにできるというのが前提としてあって、いかにしてそれを納得してもらうかが、交渉の肝だったのだろうと思う。
普通の人間たちは戦争継続を思想として叩き込まれているから、なかなか魔王の主張を受け入れてくれない。
しかし、今回の交渉相手は損得勘定が最優先の商人だったから、生活が豊かになるという魔王のやり方のメリットを受け入れてもらいやすかったということだろう。
戦争を終わらせるために必要なのは現実的思考と、国を豊かにする方法だということが伝わってくる話だった。

トラックバック送信先
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51709335.html
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-entry-1390.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3307.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-556.html
http://nextsociety.blog102.fc2.com/blog-entry-2100.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-790.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6640.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2136.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2749.html
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-3224.html
http://riksblog.fool.jp/public_html/mt5/anime/now/2013/01/maoyu-4.html
http://kira47.blog58.fc2.com/blog-entry-2102.html
http://kyotofan.net/books_anime/maoyu/archenemy-hero_04/
[ 2013年01月26日 01:56 ] カテゴリ:まおゆう魔王勇者 | TB(12) | CM(0)

まおゆう魔王勇者 第2話 感想

第1話は戦争が魔族にとっても、人間にとっても経済的に必要とされているという話だった。
そもそも戦争は経済的にも損ではないのか、という疑問もあったけど、第2話を見てなんとなく納得できた。
農業を充実させることで、戦争を必要としない経済にしようってことなんですね。
そういうことなら、戦争が得だろうが損だろうが、そういう議論は関係ない。
戦争しなくてもやっていける経済状況で、あえて戦争したがる人もいないわけだし。

奴隷姉妹に対するメイド長の対応はなかなかの冷酷さだった。
まあ、運命をつかみとる強さを持ってほしい、他人の迷惑を考え他人とまともに関われるようになってほしい、人間としての誇りを持ってほしい、っていう愛に満ちた厳しい教育ってことなんだろうけど。
なんだか、強者が弱者を痛めつけ力ずくで従わせている図に見えてしまってあんまり良い気持ちがしなかった。
ヨルムンガンドのキャスパーとヨナの関係を見ているみたいな気がした。

魔王の天然でデレデレなキャラとは裏腹に、戦争やら経済やら奴隷やら、ずいぶんハードな話がでてくるなあという印象。
そういう話をさらっと切り抜けられるあたり、さすが魔王って感じ。
それに引き換え、勇者は…、あたりまえの反応を返すだけのモブキャラみたいになってるけど、それでいいのか勇者。
[ 2013年01月12日 07:11 ] カテゴリ:まおゆう魔王勇者 | TB(3) | CM(0)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。