FC2ブログ

深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  絶園のテンペスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

絶園のテンペスト 第24話 感想

愛花復活に期待していたけど、そういう展開にはならなかった。
メンバーみんなが新たな人生を踏み出そうとしている中、愛花1人が死んで終了っていうのもさみしい。
絶園の魔法使いとしての役割を背負って生まれた以上、避けられない運命だったのかなとは思うけど。
役割とかそういうものに囚われず、愛花が自分の人生を生きられる道はなかったのだろうか。
まあ、吉野や真広のおかげで、絶園の魔法使いとしてではなく、普通の女の子として過ごせる時間があって、悔いなく死ねたというのが救いではあるけれど。

最初、羽村がはじまりの樹を倒せなくて、何かが足りないって話になって、剣発生して倒すっていう流れだったけど、どういう理屈でそうなったのかよくわかんなかった。
愛花が事前に剣を仕込んでいたってこと?

偽りの楽園を絶つってことで、絶園だったらしい。
はじまりの樹の支配からの脱却っていうテーマだったし、納得のネーミングだ。
はじまりの樹っていうのも、倒すことで人類の時代がはじまるっていう意味のネーミングなのだろうか。
ともかく、「ここからだ」って言って、はじまりの樹をぶった切る羽村がかっこよかった。
物語後半は吉野より羽村の方が主人公っぽかったな。

羽村の彼女はただの一般人だった。
長いこと正体不明だったから、重要人物なのかと深読みしていたけど、全然そんなことはなかった。
ただ単に羽村の不幸キャラを演出するための存在だったのか。

真広と墓参りに行ったら、突然殴られる吉野。
羽村の理屈理屈うるさいわー、って叫びは一応伝わっていた?
心理的に納得できないことを理屈で納得させる真広・吉野のスタイルは、なんとなく間違っている気がしていたし、やっぱ殴る方が正しいと思う。
わだかまりも解けて、二人の関係も新たな段階になったって感じかな。

全体を振り返ってみて、吉野は敵か味方かとか、絶園の魔法使いはだれなのかとか、はじまりの樹の存在理由はとか、常に謎があって、興味のつきない構成だったなと思う。
年明けぐらいからのギャグ展開も面白かった。
ばらまいたいろんな謎をちゃんと回収して終わったのも好印象。


トラックバック送信先
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-915.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2479.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4176.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67836952.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6836.html
スポンサーサイト
[ 2013年03月30日 16:48 ] カテゴリ:絶園のテンペスト | TB(6) | CM(0)

絶園のテンペスト 第23話 感想

吉野&真広も戦いの場についていくことに。

吉野は、大切な人が大切な決断を下すときに無関係な場所にいたくないってことらしい。
愛花が死んだとき、何もしてやれなかったことを悔やんでいる様子。
愛花を失ったときのように、葉風を失いたくはないってことなのだろう。
しかし、吉野は葉風のことを好きなのだろうか?そのへんいまいちよくわからない。

真広の方は、将来、世界を変えられる立場につくための、布石として、今回、戦いの場に参加したいということらしい。
真広の方には大切な人を守るとかいう発想はないみたい。
とっている行動は同じなのに、動機は吉野とは対照的だ。
まあしかし、吉野も真広も、愛花の死にすごい影響を受けているところは同じだ。
真広の世界を変えたいっていう思考も、魔法というわけわからないもののせいで、愛花を失わざるを得なくなったことに対する不満からきているのだろうし。

軍や調査船を犠牲にせず、はじまりの樹を倒す策は、葉風&羽村入れ替わり作戦だった。
山本が、作戦提案者の真広に、だれもが思いつく策、それしかない、って言ってたから、わりと普通な作戦なのかと思っていたが、ずいぶん手が込んでいるような。
とても、だれもが思いつく唯一の策には見えないけれど…、まあいいや。
ともかく、見た目的にすごい盛り上がったし、何より、今までは敵味方に分かれたりもしていたメンバーが、みんなで協力し合って作戦を実行してて、総力戦って感じで良かった。

吉野は撃たれてしまったけど、左門との戦いのときも、死んだと見せかけて復活してたし、たぶん大丈夫だろう。
やっぱ主人公だし、死ぬわけないって分かってるから、ドキドキ感に欠ける。
どうせなら、左門とか山本を狙撃してくれればいいのに。
そしたら、マジで死んだのかもって思えるからドキドキするのに。


トラックバック送信先
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-908.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67831251.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6814.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4164.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8489.html
http://blogs.yahoo.co.jp/grandmaster_silver_knight/63860690.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2436.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-672.html
[ 2013年03月23日 05:43 ] カテゴリ:絶園のテンペスト | TB(5) | CM(0)

絶園のテンペスト 第22話 感想

愛花が残したメッセージの中に入っていたのは何なんだろう。
吉野はメモリみたいだと言っていたけど。
はじまりの樹を倒すまで開けてはいけないって言われると余計中身が気になるな。
実は私まだ生きてます、ってメッセージが入ってて、最終回で再開して終わるんじゃないかと予想。
愛花の天邪鬼な性格を考えると、生きてることを黙ってることも十分あり得ると思う。
っていうか、いまだに羽村の彼女が正体明かされないのも変だし、羽村の彼女が愛花なんじゃないかと思う。

会議での羽村の暴走は唐突すぎて、まじで驚いた。
理屈理屈うるさいわー、は名言な気がする。
まあ、理屈とか合理性ってものばかり頭で追い続けていると、感情的に考えれば当たり前のはずのことがわからなくなるってのはよくあることかも。
愛花を怒らないとおかしい、そんなんだから、復讐とか言って、後ろ向きなんだ、ってのも的確なツッコミ。
いくら世界を救うためとはいえ、愛花はあっさり死にすぎだし、確かに、そのへんは怒らないとおかしいと思う。
それに、特に真広は今までずっと、愛花殺しの犯人を追ってきてて、その執念は愛花を失った痛みの裏返しだったのだろう。
だから、ここで怒らなかったら、真広にとって、愛花の死は全然ショックじゃありませんでしたってことになって、それはそれでおかしいと思う。

結局、吉野も真広も殴られっぱなしで、殴り返さずに終わったのも理解し難い。
葉風に問い詰められた時の吉野みたいに、お前に何が分かる!とか、しょうがないだろ!とか叫んでほしかった。
羽村の叫びが軽くスルーされたみたいで、拍子抜けな展開だった。
真広は普段は暴力的なのに、大事な場面になると急におとなしくなるのはなんなんだろう。

御柱との戦いは、(御柱+連合軍)VS羽村一人という構図に。
はじまりの樹の支配から人類が脱出できるかを問う試験だというのに、世界全体がはじまりの樹の支配を肯定しているっていう状況はまずいんじゃないだろうか。
時間が無いからしょうがないんだろうけど、本当は人類全体にはじまりの樹の危険性を納得させなきゃいけなかったんだろうなと思う。

過去編で、吉野にちゃんづけで呼ばれて喜ぶ愛花。
自分を普通に女の子扱いしてくれる吉野への好意はこの頃からすでにあったということか。
悲劇が喜劇になる、とか言ってるし、愛花復活に期待してしまうな。


トラックバック送信先
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2390.html
http://strrratgpt.blog.fc2.com/blog-entry-642.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-649.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67825969.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-900.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8469.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6793.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4151.html
[ 2013年03月16日 00:03 ] カテゴリ:絶園のテンペスト | TB(6) | CM(2)

絶園のテンペスト 第21話 感想

愛花が死んだ理由は、葉風に、はじまりの樹を倒す決断をさせるため、そして、真広と吉野を救うため、っていうことだった。
けど、そういう理由で死ぬことになったきっかけが、葉風から未来を教えてもらったからというのは納得いかない。
愛花が死んだから、葉風が過去に戻ったわけで、それなのに、葉風が過去に戻ったから、愛花は死にましたと言われても、変な感じがする。

まあそういう因果関係の乱れは認めるにしても、左門と愛花が協力して絶園の樹を復活させて、はじまりの樹を倒すという選択を愛花がしなかった理由がよくわからなかった。
そのやり方なら、愛花も死なずに済むし、真広も吉野も死なないし、何の問題も無い気がするけど。
左門だけじゃ、はじまりの樹を倒そうという意思が足りないから、そのやり方じゃだめだったってことなのかな。
確かに、愛花が死んだからこそ、真広と葉風と吉野が出会って、はじまりの樹への理解が深まって、みんなではじまりの樹を倒す流れになった。
そういう、はじまりの樹を倒す意思をみんなに持たせるために、愛花の死は必要だったってことか?

結局、はじまりの樹を地球に送り込んだ宇宙人(?)は何がしたいんだろう。
文明が発展しても、はじまりの樹の支配から抜け出す意思がないとリセットされてしまう。
ってことは、宇宙人的には、文明よりも意思の方が大事ってことなんだろうけど、
意思の強い人類を育てて、それで、宇宙人にどういうメリットがあるというのか。


トラックバック送信先
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8446.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6773.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67820730.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-893.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4138.html
http://shibauma.blog94.fc2.com/blog-entry-433.html
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2208.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2348.html
[ 2013年03月09日 11:56 ] カテゴリ:絶園のテンペスト | TB(6) | CM(2)

絶園のテンペスト 第20話 感想

葉風が過去に行っても、過去改変は不可能みたい。
だから、愛花が復活するとか、愛花を死なないようにするとか、そういうのは無理であくまで真実を知れるだけ。
ただでさえ、ストーリーが難解だし、タイムトラベルに関する設定をシンプルにしてくれたのはありがたい。

葉風が言っていた、愛花がつまらなく死んだという結末は嫌で、死んだ理由が必要だから殺すっていう発想は面白い。
そういう、愛花の死を尊いものとして扱おうとする、無駄にしたがらない、っていうのは吉野にも共通する発想だ。
というか、吉野のそういう発想に、葉風が影響を受けたってことだろうか。
まあ、確かに、愛花の死を無駄にしないために必死で戦ってきた吉野のことを思えば、せめて愛花が死んだことに何らかの意味や価値を与えたい気はする。
つまらない死よりは、せめて、はじまりの樹の姫による殺害という、重みのある死にしてやろうということか。

それで、吉野が納得するかどうかは微妙な気もするけど、たとえ、吉野に恨まれてもかまわないというのが葉風の考え方みたい。
恨まれるとしても、好きな人にずっと覚えてもらえるなら幸せって考え方は狂ってる気もするけど、それだけ、吉野のことが好きでたまらないということなのだろう。

で、過去に戻って、葉風は愛花に遭遇。
なんと愛花が絶園の魔法使いだった。
愛花はなんかラスボスっぽい雰囲気あるし、正体明かすまでの過程がすごい盛り上がった。
異常な状況を前にして、マイペースなのが大物っぽいし、推理の的確さがもすごかった。
今までこの作品における推理はだれがやってもトンチンカンなのが多かったせいもあって、ずばずば答えを言い当てる愛花が驚異的な存在に見えた。

愛花が武器を出す演出もかっこよかった。
今まで羽村が輪とか光線を出したりはしてて、その印象が記憶に残ってて、愛花もそんな感じかと思っていたら全然違った。
羽村も、はじまりの樹を一撃で壊したりしてて、かなり力はあるんだろうけど、それよりはるか格上って感じがした。

愛花が絶園の魔法使いとなると、殺せる人は、かなり限られてくる気がする。
自殺か、葉風が殺すかのどちらかなのだろう。
来週は二人が戦うことになるのだろうか。
葉風には戦う理由は無さそうだが、愛花は絶園の魔法使いとして、はじまりの樹サイドと戦おうっていう気があるようにも見える。
葉風、最大のピンチ到来?

トラックバック送信先
http://scriptor.blog54.fc2.com/blog-entry-2201.html
http://blog.livedoor.jp/soul_mu/archives/65735641.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/tbs30120-d1d6.html
http://akihiroblog555.blog.fc2.com/blog-entry-1465.html
http://specium78.blog93.fc2.com/blog-entry-1631.html
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8420.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2301.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4125.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-885.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6748.html
http://strrratgpt.blog.fc2.com/blog-entry-638.html
[ 2013年03月03日 06:07 ] カテゴリ:絶園のテンペスト | TB(5) | CM(0)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。