深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

PSYCHO-PASS サイコパス 第22話 感想

槙島と狡噛の戦いは、狡噛勝利で決着。
シビュラと朱の戦いは継続。
この終わり方を見ると、この作品は、どっちかって言うと、狡噛と槙島の戦いを描きたかったのかなと思う。
自分はシビュラとの戦いって思って見てたから、ちょっと、消化不良な感じ。

シビュラと朱の戦いはどうなるのだろう。
シビュラは朱を、市民を懐柔するための実験台みたいに捉えてて、調子乗ってる感じだったし、消えゆく運命な気はする。
朱が言っていたように、人間側がいずれ、シビュラの電源を落とす日がくるのだろう。
槙島を裁けなかったり、カガリを殺したりしたシビュラを壊したくても壊せない朱を見ていると、こっちまでもやもやしてくるけど、でも、きっと朱の対応が最善なんだろうな。
シビュラが役に立つのは間違い無いし、新しいシステムを作るのにも時間はかかるし。
この作品通してずっとそうだったけど、清濁合わせ飲みつつ、現実的な解決策を探ろうとする朱の精神力はすごいなと思う。

まあでも、やっぱ、これから先の、シビュラの正体が社会に公開され、社会がシビュラを否定し、新たなシステムをつくりあげるまでをちゃんと描いて欲しかった気もする。
この終わり方だと、槙島の主張が無駄だったかのように見えてしまって、いまいち。
槙島は殺されてもしょうがないことをしたとは思うけど、人間が人間の感覚を取り戻すべきって主張は正しかったと思うし、そういう主張が部分的に社会に受け入れられ、新しいシステムを作るときに役立てられるっていう展開を見たかった。

狡噛と槙島の最後のやりとりは、なんかライバルというか恋人同士みたいで不思議な感じだった。
なんだかんだで、槙島は狡噛の力量を認めていたし、認めていたからこそ、狡噛に殺されたがったってことなのだろう。
どうせ負けるなら強い奴に負かされたいっていう心理かな。

宜野座は結局、執行官になってしまった。
執行官になるまいと抗っていたのに、抗いきれずに堕ちたというふうに見れば最低な結末だけど、宜野座の表情は明るかった。
犯罪係数が上がって苦しみ、執行官になるまでを決意する過程で、父の苦悩が理解できたってことなのかなと思う。
目元が嫌でかけてたダテメガネを外したのは、父親を許すことで、父親への嫌悪感が消えたからってことなのだろう。
堕ちる一方だった宜野座が堕ちるとこまで堕ちて、最後に前を向いて生きていくっていう展開になって個人的には満足。


トラックバック送信先
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3200.html
http://blog.goo.ne.jp/rala37564/e/aea3b37aa87e18563043fd6c0c1fec10
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-858.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67831243.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-907.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2426.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-912.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2808
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3766.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-968.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1269.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1607.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2181.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2817.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4165.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/24870131.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6816.html
http://84446692.at.webry.info/201303/article_34.html
スポンサーサイト
[ 2013年03月22日 06:10 ] カテゴリ:PSYCHO-PASS | TB(18) | CM(0)

PSYCHO-PASS サイコパス 第21話 感想

朱と狡噛が久々に会話。
感動的な再開になるかと思いきや、腹の探り合いになって、殺伐とした雰囲気に。
朱は狡噛を救おうとはしているけど、すでに2人の立場は異なるものになってしまったんだなと感じられて寂しいシーンだった。

最近、朱が優秀すぎて怖い。
メンタルが強化されて、真の力が発揮されるようになったということか。
まあ、元々、エリートだったわけだし、当然の結果なのかもしれない。
朱の適性の判断に関してはシビュラは正しかったんだね。

シビュラと交渉して、パラライザーモード固定のドミネーターをゲットする朱。
シビュラの低姿勢な口調もあいまって、朱の方がシビュラより上に見えるのがなんか面白かった。
槙島も狡噛もパラライザーで黙らせて保護するのが朱のプランなのかな。
最近、冷徹な感じになってる朱だけど、平和主義は相変わらずなようでほっとする。

宜野座は征陸に対して、俺に期待してないんだろ、とか言って、やつあたり。
ふてくされた子どもみたいになってて、みっともない。

倉庫で、征陸と宜野座は槙島に遭遇。
以前、槙島が狡噛を軽くあしらってたし、征陸もやられるんだろうなと思ってたけど、
銃も防いで、ヌンチャクも防いで、背負い投げも防いで、普通に取り押さえててすごかった。
サイコパス史上最高の肉弾戦だったと思う。
息子を守りたいという思いを槙島に逆手にとられて敗北したけど、見事な戦いぶりだった。
それに引き換え、宜野座はちょっとひどいなあ。完全にお荷物だった。
宜野座がかっこよく見えたのは、征陸に槙島を取り押さえ続けろって叫んだシーンぐらいか。

結局、槙島の狙いは、刑事を個別撃破して、電源回復するってことなのだろうか。

征陸の戦いぶりを見た後だと、狡噛にも頑張ってもらいたいなと思うけど、どうなるんだろう。
タワーでの戦いのときのように、後ろから朱が狙撃して終了みたいなあっけない終わり方はやめてほしい。
っていうか、宜野座はまじでこのまま何の活躍もしないで終わるのだろうか、なんか見せ場を与えてあげほしいな。


トラックバック送信先
http://subcul.jugem.jp/?eid=2803
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-899.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1597.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3187.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3758.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1264.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6794.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2175.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/24612971.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-945.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4152.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2809.html
http://wankokushushu.blog39.fc2.com/blog-entry-591.html
http://2009nenaki.blog11.fc2.com/blog-entry-855.html
[ 2013年03月15日 02:52 ] カテゴリ:PSYCHO-PASS | TB(15) | CM(0)

PSYCHO-PASS サイコパス 第20話 感想

朱がシビュラシステムに入るのかと思ったけど、別にそうではなかった。
宜野座が役立たずすぎるから、朱に知識を与えて、槙島保護を急がせたかっただけ。
宜野座はこのまま、中途半端な人間として終わってしまうのだろうか。
現場でも完全に朱に出し抜かれてしまってて、立場逆転って感じ。
最初の頃の鬼教官ぶりを思い出すと、今の宜野座のしょんぼりした姿は見ていて悲しいものがある。
最後に一花咲かせて欲しいけど、望み薄だ。

朱がシビュラとうまく交渉したおかげで、狡噛が生きて帰れる可能性も出てきたっぽい。
けど、シビュラが約束を守る保証もないし、あんまり期待しないほうがよさそう。
たとえ、シビュラが約束守るにしても、槙島が生きてる限り、狡噛は朱たちのもとには帰ってこなさそうな気もするし。

シビュラの真実を知ってもなお、シビュラにしたがうことを選んだ朱の判断はちょっと意外だった。
カガリを殺したり、槙島をさばけなかったりするけど、シビュラを否定したら社会の秩序が壊れちゃう。
だから、問題があっても、とりあえずは社会の安定重視ってことなのか。
朱は自分の思いだけで突っ走るということをしないし、いつでも先のことを考えている気がする。
シビュラに問題あるなら破壊するという槙島とは、朱は対照的だ。
シビュラはシビュラで残して、朱みたいな人間が、シビュラを管理するシステムに改良すればうまくいくんじゃないだろうか。

機能ではなく、運用方法で、イレギュラーに対処する、っていうシビュラの思想は面白かった。
免罪体質者に対処する機能がなくても、免罪体質者をシステムに組み込むような運用をすればOKってことらしい。
凄腕のハッカーを警察が雇用するのと同じなのかなとちょっと思った。
警察がITに疎くても、ハッカーに教えてもらえれば、IT犯罪にも対処可能みたいな。
でも、その場合は、人を裁くのは最終的にハッカーではなくて警察だ。
シビュラの場合、免罪体質者を取り込んだのはいいけど、免罪体質者に全ての権限を委ねているのが問題なんだろうなと思う。

トラックバック送信先
http://subcul.jugem.jp/?eid=2797
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67820726.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-892.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2339.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-884.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-922.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1591.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1259.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3750.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/24340393.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2801.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2169.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6774.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3175.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4139.html
[ 2013年03月08日 08:38 ] カテゴリ:PSYCHO-PASS | TB(20) | CM(0)

PSYCHO-PASS サイコパス 第19話 感想

再びセラピーを受ける宜野座。
潜在犯認定もありうると宣告される。
狡噛や父親のようになるまいと思っていたのに、同じ道に向かってしまっている。
宜野座は狡噛や父親を見下している一方で、狡噛や父親と同じような正義の心を抱えている悩ましい人間と思う。
朱を見ていると、心の持ち用でどうになると思える、って言っているけど、表情が爽やかすぎて、死亡フラグに見えてしまう。
個人的には悩み方がすごく現実的だし共感できるし結構好きなので、幸せになって欲しいが、その願いが叶う気が全然しない。

狡噛は先生にアドバイスを求めにいく。
やけに狡噛が素直で、好青年な感じになってて驚く。
その素直さが先生への敬意にもとづくものなら別に良いんだけど、死を覚悟したせいで心が穏やかになっているようにも思えて寂しい感じもする。

狡噛と槙島が似ているって話が出てたけど、そうだろうか。
執念深さと、冷静さは共通しているのかもしれないけど、正義をなしたいという気持ちに差がありすぎて、あんまり似ている気はしない。
全然異なる存在だからこそ、ライバルのような感じで惹きつけあってるのかと思ってたけど、違うらしい。

槙島の行動の理由はあんまり明かされて来なかったけど、狡噛いわく、疎外感が原因ではないかとのこと。
たしかに、槙島のシビュラを倒し、人間性を取り戻させようとする行動は疎外感が原因とすれば説明がつく気もする。
シビュラから見れば、測定不能な槙島は存在しないも同然。
しかし、シビュラが消えて、人間が人間らしい社会を取り戻せば、槙島もまた人間扱いしてもらえるようになる。
槙島は、他人に人間性を取り戻させたいというよりは、槙島が人間として扱われる社会を取り戻したいってことなのかなと思ったり。

最後の、朱への、あなたに全ての真実を伝えましょう、ってのは不気味だ。
朱をシビュラシステムに取り込むってことなのかな。
局長が驚いていた、シビュラからの提案ってのもこれのことっぽい。
槙島がダメなら代わりに朱を取り込んじゃえってことか。
しかし、朱は免罪体質者なのだろうか。
たしかに朱は犯罪係数が安定しているけど、上がらないわけじゃない。
友達を殺されたシーンを思い出したときは、すごい犯罪係数上がってたし。
免罪体質者の槙島のように、犯罪を犯している際中もまるで犯罪係数が上がらなかったり、そもそも罪の意識が無い人達とは違うように思う。
だから、もし、朱がシビュラシステムに取り込まれたら、今までのシビュラシステムとは違うものになるんじゃないかと思うけど。
朱が入ったら、免罪体質者さえも裁けるようにシビュラシステムがバージョンアップしたりしそう。
そうなったら局長たちにとってはまずい気もするけど、一体、何を考えているんだろう。


トラックバック送信先
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6749.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3741.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-895.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1253.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2790
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3164.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/24036273.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-884.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-869.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2293.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1584.html
[ 2013年03月02日 01:04 ] カテゴリ:PSYCHO-PASS | TB(8) | CM(0)

PSYCHO-PASS サイコパス 第18話 感想

局長復活。
まあもちろん、中身は違うんだろうけど。
局長は、槙島をますますシビュラに引き入れたくなったらしい。
藤間の仇をとるって発想は全く無いみたい。
そういう悲しみとか怒りって感情が無いあたりに、免罪体質者らしさを感じさせる。

宜野座が狡噛を撃つシーンは、けっこうどきどきした。
さすがに、狡噛が殺されることは無いんだろうけど、どうやって切り抜けるんだろうと。
直前に、征陸から、ボールに徹することで身を守れっていうアドバイスを受けてたし。
宜野座が狡噛を殺すことが正当化される条件が整ってたというか。
でも、結局、宜野座は引き金を引くのをためらっていた。
ってことは、宜野座の中で、自分の身を守りたいとか、刑事としてのルールを守りたいとか、そういう気持ちより、狡噛を守りたい、正義を成したいって気持ちが優先されたってことなのだろう。
絵的には宜野座はかっこわるかったけど、宜野座の人間らしい部分が描かれた良い回だったと思う。
まあ、ほんとは、局長にドミネーターを向けて発射して欲しかった気もするけど、そんなことしたら宜野座の人生が終わっちゃうか。

で、狡噛を救ったのは意外にも朱だった
人を撃つことにためらいが無かったり、局長への説明も淡々としてて、朱は怖いぐらいだった。
いつでも、慌てたり、おどおどしてたりしていた最初の頃とは大違いだ。

狡噛はヘルメットを装着して単独で槙島探索に。
悪の象徴だったはずのヘルメットをかぶるっていうのも、なんだか、狡噛が朱たちとは別の道を行くことを象徴しているようで、寂しい風景だった。
征陸にしても、唐之杜にしても、狡噛が戻ってこないことを分かっていて、それでも取り乱さず対応していたのが、大人って感じでかっこ良かった。
引き止めないのは、やっぱ、付き合い長いし、狡噛の槙島への執着の強さをわかっているからってことなのだろう。
引き止めるでも、応援するって感じでもなく、だからと言って、冷たいわけでもない、好きにしろって感じの対応がなんか良かった。

最後の狡噛の朱への手紙は人間らしすぎて感動的だった。
法のもとに、秩序を守りつつ、正義をなそうとする朱の正しさを狡噛は認めていた。
認めているなら、朱の言うように時間がかかっても、裁判でもやって、槙島を裁けばいいじゃんとも思う。
けど、狡噛も人間だし、今までずっと槙島を追い続けた執念というものがあるから、そんなゆっくり、槙島を裁く気にはどうしてもなれないのだろう。
そういう気持ちを狡噛はただの意地にすぎないと言って、次会ったときは迷わず殺してくれみたいなことを言っていた。
けど、狡噛も、槙島という犯罪者と、犯罪者をさばけない社会の間で苦しめられた被害者なわけで。
そう考えると、被害者である狡噛が、自分は間違っているから殺されてもしょうがないみたいなことを言うのもなんだか、哀れだなと思わずにいられない。
狡噛のいさぎよい態度がよけいに哀れさ、寂しさを加速させるというか。
狡噛が救われる終わり方は無さそうだけど、せめて、槙島を殺して、想いを遂げてから死んでほしい。

トラックバック送信先
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-855.html
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-876.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2783
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2247.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1578.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3732.html
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1248.html
http://wondertime.blog31.fc2.com/blog-entry-2157.html
http://84870.blog13.fc2.com/blog-entry-2782.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4113.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3153.html
http://soliloquy0503.blog.fc2.com/blog-entry-9644.html
http://84446692.at.webry.info/201302/article_34.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/23811789.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6724.html
[ 2013年02月22日 05:16 ] カテゴリ:PSYCHO-PASS | TB(16) | CM(0)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。