FC2ブログ

深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  2013冬アニメ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

琴浦さん 第12話感想

最終回らしく、いろんな人が本当の気持ちを打ち明けるというお話だった。
相手がそう思っていることを超能力で知っているというのと、言葉にして伝えてもらえるというのは違うんだなとうのをすごい感じさせられた。

部長は春香に利用していたことを謝罪。
春香も部長を利用していたから別にいいよってことになって、二人の関係はようやく対等なものに。

母も、春香を見捨ててしまった自分の弱さを寝言で謝罪。
それがきっかけで、母も苦しんでいたし、春香を守りたいと思っていたということが伝わって、二人の関係は元の親子のようなものに戻った。

真鍋とは、互いに好きって伝え合って、晴れて恋人同士に。

思っているのと、伝えるのとでは、二人の関係に変化が生まれるかどうかという違いがあるんだろうなと思う。
思っているだけじゃ、何も変わらない。関係を変えたいなら、言葉にしないといけない。

言葉で言わなくても心を読めば分かる超能力者が主人公の作品なのに、言葉にする大切さに焦点があたることになるとは思わなかった。
けど、よくよく考えてみれば、心を読めば分かる超能力者が主人公だからこそ、思っているだけじゃ限界があるってことが明確に示されたのかなとも思う。

振り返ってみて、超能力っていう題材の使い方も上手だったし、バラエティに富んだエロシーンも素晴らしかったし、最初から最後まで高いレベルでまとまっていた良作だったなと思う。
母親との和解まできちんと描ききれるとは思わなかったし、純粋にすごいと思った。


トラックバック送信先
http://guutaranikki.blog4.fc2.com/blog-entry-8515.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/tokyomx40112-87.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6837.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2813
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3216.html
スポンサーサイト
[ 2013年04月02日 14:23 ] カテゴリ:琴浦さん | TB(2) | CM(0)

ラブライブ! 第13話 感想

チームがひとつにまとまったし、学校存続も決まったし、一応、ハッピーエンド?
でも、ラブライブ出場を目指す物語だったはずだし、すっきりしない終わり方でもある。

主人公が大失敗して、何もかも投げ出すとか、チームがばらばらになるとか、そういう話を途中に入れるのはいいと思う。
実際、穂乃果は失敗を通して、自分が無理しがちで、他人の悩みに鈍感だっていう欠点に気づけたわけだし。
その上で、やっぱり好きだから頑張るって流れもいいと思う。
けど、失敗して反省したところで終わりっていうのはどうなのか。
反省を生かして、ラブライブ出場して結果を残すところまでやってほしかった気がする。

けど、よくよく考えてみると、もしかすると、ないものねだりをしているのかもしれないとも思う。
ご都合主義で、ぱぱっと成功を収めるアニメを見れば、非現実的だ、参考にならない、と文句を言いたくなり、ラブライブのような現実の厳しさを描くアニメを見ると、作り話なんだから手本になるように成功で終わらせろ、と文句を言いたくなる。
現実の厳しさを描きつつも、成功で終わらせる1クールのアニメなんてものは、そもそも無いのかも。
そういうことを視聴者に考えさせたくて作られたアニメではないだろうけど、どんな展開なら自分は満足するのだろうと考えるとけっこう難しい。

まあしかし、ミューズのメンバーの苦労をすごく丁寧に描いた作品だったと思うし、もっとメンバーの笑顔を見たかったなというのが率直な感想かな。2期があればいいけれど。


トラックバック送信先
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67839315.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-689.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4182.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52331016.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3363.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2815
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-934.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67839315.html
http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3444.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6841.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-84.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-998.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52328206.html
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/11372383.html
http://strrratgpt.blog.fc2.com/blog-entry-653.html
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-727.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-3421.html
[ 2013年04月01日 14:06 ] カテゴリ:ラブライブ! | TB(18) | CM(0)

リトルバスターズ! 第25話 感想

目が見えなくなって絶望する古式さんを謙吾が救うという話。
結局、どんな状況でもできることはあるはずだ、っていう謙吾の思いが届いて、古式さんは改心する。

しかし、考えてみると、謙吾の言っていることと、学校の先生が言っていたことは同じに思える。
目が見えなくなっても終わりじゃない、勉強を頑張ればいいじゃないって。
同じなのに、先生の言葉は古式さんには届かず、謙吾の思いが届いた理由はなんだろう。

1つは、証拠を示せたかどうかだと思う。
先生の言葉は、証拠が無いから説得力がない。
目が見えない状況で生きることもつらいってときに、努力が報われる保証も無いのに、あきらめるなって言われても聞く気にはなれないのも当然だろう。
謙吾の場合は、両足と左手が使えないっていう、片目が見えないよりきついハンデの状態で、実際に成功させてみせた。
片手だから打率は低い、両足が使えないからホームランを狙うしか無いからさらに打率は下がる。
けど、打率は0ではない、何度も繰り返せば、実際にホームランを撃つことも出来る。
そういう、成功率が0より大きいという証拠を現実に示したのが大きかった。

そして、もう1つの大きな違いは、大変さを理解しているかどうかだったのだと思う。
辛くて悩んでいる人に、悩んでいないでこうすればいいんだよ、って言うのは、お前はやれば簡単にできることをやろうとしない馬鹿だ、お前は簡単にできることができない雑魚だ、って言っているのと同じだと思う。
だから、先生のアドバイスは内容は正しいけれど、古式さんには聞いてもらえなかった。
謙吾の場合は、成功させるまで、何度も失敗を繰り返し、無様な姿をさらした。
その姿を通して、謙吾は古式さんの大変さを理解している、ということが古式さんに伝わったことが大きかったんだと思う。

表面的な言葉だけじゃ人は救えない。
言葉の正しさを示す証拠を出せるかどうか、相手の大変さをわかってやれるかどうかが重要ってことだと思った。


トラックバック送信先
http://shirokuro585.blog109.fc2.com/blog-entry-1281.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-992.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2814
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3214.html
http://blog.livedoor.jp/bobu_mono/archives/25182679.html
http://redcoolsea.blog78.fc2.com/blog-entry-2037.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-725.html
http://blogs.yahoo.co.jp/honeybear62444/31680962.html
http://blogs.yahoo.co.jp/go_wingload/64321199.html

[ 2013年04月01日 12:17 ] カテゴリ:リトルバスターズ! | TB(7) | CM(0)

絶園のテンペスト 第24話 感想

愛花復活に期待していたけど、そういう展開にはならなかった。
メンバーみんなが新たな人生を踏み出そうとしている中、愛花1人が死んで終了っていうのもさみしい。
絶園の魔法使いとしての役割を背負って生まれた以上、避けられない運命だったのかなとは思うけど。
役割とかそういうものに囚われず、愛花が自分の人生を生きられる道はなかったのだろうか。
まあ、吉野や真広のおかげで、絶園の魔法使いとしてではなく、普通の女の子として過ごせる時間があって、悔いなく死ねたというのが救いではあるけれど。

最初、羽村がはじまりの樹を倒せなくて、何かが足りないって話になって、剣発生して倒すっていう流れだったけど、どういう理屈でそうなったのかよくわかんなかった。
愛花が事前に剣を仕込んでいたってこと?

偽りの楽園を絶つってことで、絶園だったらしい。
はじまりの樹の支配からの脱却っていうテーマだったし、納得のネーミングだ。
はじまりの樹っていうのも、倒すことで人類の時代がはじまるっていう意味のネーミングなのだろうか。
ともかく、「ここからだ」って言って、はじまりの樹をぶった切る羽村がかっこよかった。
物語後半は吉野より羽村の方が主人公っぽかったな。

羽村の彼女はただの一般人だった。
長いこと正体不明だったから、重要人物なのかと深読みしていたけど、全然そんなことはなかった。
ただ単に羽村の不幸キャラを演出するための存在だったのか。

真広と墓参りに行ったら、突然殴られる吉野。
羽村の理屈理屈うるさいわー、って叫びは一応伝わっていた?
心理的に納得できないことを理屈で納得させる真広・吉野のスタイルは、なんとなく間違っている気がしていたし、やっぱ殴る方が正しいと思う。
わだかまりも解けて、二人の関係も新たな段階になったって感じかな。

全体を振り返ってみて、吉野は敵か味方かとか、絶園の魔法使いはだれなのかとか、はじまりの樹の存在理由はとか、常に謎があって、興味のつきない構成だったなと思う。
年明けぐらいからのギャグ展開も面白かった。
ばらまいたいろんな謎をちゃんと回収して終わったのも好印象。


トラックバック送信先
http://magi111p04.blog59.fc2.com/blog-entry-915.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2479.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4176.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67836952.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6836.html
[ 2013年03月30日 16:48 ] カテゴリ:絶園のテンペスト | TB(6) | CM(0)

ささみさん@がんばらない 第12話 感想

展開が早すぎて正直、アラハバキの野望がどういうものだったのか、どうやってささみ達が勝利したのかはいまいちよく分からなかった。
まあでも、最終回らしく激しいバトルが展開されていたし、実はささみさんはたまの中に住んでいたー!っていうのも、わけわからないなりに面白かったからよしとする。

ささみとの関わりを通して微妙に揺れる情雨の心理描写はいい感じだった。
一見、私利私欲のために世界征服をもくろむ情雨は悪者に見える。
けど、情ちゃんって、ささみに呼ばれて少し期待してしまった、って情雨が振り返っていたのを見ると、人間と仲良くしたいと望んでいるようでもある。
他人と関わるなんてありえない、とか、人間は裏切る、とか、人間を全否定するような情雨の発言も、裏にあるのは仲良くしてほしいのになんで仲良くしてくれないのか、という純粋な願望のように思えた。
私利私欲のためにって、やたら強調するのも、他人のために頑張っても裏切られるだけだと思っているからなのかなと思うと、ちょっと哀れな感じがする。
ささみを巫女にしてやるという提案も、上から目線なようで、実質的には、仲間になってほしいとお願いしているようなものだし。
友達になってほしいって言えばいいのに、拒絶されて傷つくのが怖いから素直になれないっていう弱さが可愛かった。

結局、アラハバキはやられてしまったけど、ささみが情雨を助けて、仲良く砂浜で遊んで終了。
実は、情雨もアラハバキのリーダーとして期待されまくって大変だったらしい。
そういう周囲からの期待や、人間不信が情雨を世界征服に向かわせたのだろうか。
しかし、本人がひとりぼっちになることが怖かったって言っているように、心の底には友達を求める気持ちがあったようだ。
母から巫女として期待されていたささみと情雨は似たもの同士な気がする。
ささみと友達になれば、情雨の人間不信も治りそうだし、周囲の期待から逃れる術も学べそうだし、二人の相性はよさそうだ。

逃げちゃえば楽ちん、ってささみは情雨にアドバイスしていたけど、そういう情けないことをさらっと笑顔で言えるのはすごいことだと思う。
無理してがんばっても疲れるだけ、無理してがんばらなくてもなんとかなるっていう悟りを開いたささみだからこそ言える言葉なのだろう。
最後の、今日はもう私達はがんばらない、っていうささみの言葉も、ほどほどに頑張ればもうそれでOKっていうささみのスタンスを明確に表現した言葉だったと思う。

説明不足気味な激しい展開に振り回されがちではあったけど、自分はこの作品が結構好きだった。
がんばらない、ってことをここまで前向きに捉えた作品って無かったと思う。
ささみとかがみ、ささみと情雨の、不器用な友情劇も見ていて和んだ。
兄の正体とか、謎も残っているし、2期があればいいな。


トラックバック送信先
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-926.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2471.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67836924.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-988.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/tbs32812-c212.html
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/blog-entry-119.html
http://firstsnow2.blog.fc2.com/blog-entry-548.html
http://otasin.blog.fc2.com/blog-entry-124.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-682.html
http://adam666.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-2afd.html
[ 2013年03月29日 09:46 ] カテゴリ:ささみさん@がんばらない | TB(9) | CM(0)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。