深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  ジョジョの奇妙な冒険

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジョジョの奇妙な冒険 第15話

シーザーもジョセフも奮闘空しく、ワムウにボコボコにされてしまう。
そこで、ジョセフがとった行動が驚き。
なんと、死んだ振りをしてワムウの目を欺き、地べたを這いずって逃げる!
「ヒーローの資格」というタイトルとは大違い行動に唖然。
と思っていたら、実は、ワムウを誘導し、シーザーとスピードワゴンを逃がすための行動だった。
こういう、だれかを守るために、あえて情けない手段をとるっていうのはかっこいい。
正攻法で敵を倒し、誰かを守るよりも、かっこいいかも。
情けない手段を自ら選択するっていうのは、自分の弱さを認めていないとできないことだけど、弱さを認めるというのは難しいことだ。
そういう難しいことをやってのけた、ジョセフの心の強さにかっこよさがある。

そんなジョセフの行動を見て、シーザーもジョセフへの評価を改める。
ふざけた性格は認められないが、その志は認められる、と。
こういう異なる二人が違いを乗り越え、認め合うっていう展開はぐっとくるものがある。
二人の場合は、誰かを守ることを重視する価値観が一致したことが認めるきっかけになったけど、
重要な価値観が一致していれば他の価値観が一致しなくても認め合えるっていうのはどんな人間同士にもあてはまる気がする。

スピードワゴンとシーザーを逃がしたのはいいけど、ジョセフはワムウと1対1の状況で相変わらずピンチ。
この場面での、ジョセフの挑発の仕方がうまかった。
ワムウの誇り高い人間性を見抜き、ジョセフを逃がすことがワムウの誇りを守るために必要という流れをつくりだしていた。
人を説得するには事実を突きつけるのが有効というのはよく聞くけど、「お前の額に傷をつけた唯一の男」を連発していたのは、まさにそんな感じだった。

駆け引きの後、ジョセフの目論見どおり、ワムウがジョセフを逃がしてくれることに。
そこでの、ワムウのジョセフに対する「お前の口車にのってやろう」っていうセリフが地味に好き。
ワムウが挑発に気づかず乗せられた愚か者ではなく、自分の力に自信があり、挑戦者を待つ余裕があるからこそ、挑発に乗ってあげた大物であるということが伝わってくる。

次回以降、修行して強くなってリベンジという少年漫画の王道を行く展開が期待できそう。
スポンサーサイト
[ 2013年01月20日 12:48 ] カテゴリ:ジョジョの奇妙な冒険 | TB(4) | CM(0)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。