深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  新世界より

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新世界より 第25話 感想

奇狼丸が人間に変装して突撃、真理亜の子どもが迎撃、奇狼丸死亡、奇狼丸がバケネズミだったことに気づいて愧死機構発動で真理亜の子ども死亡という流れ。
覚が早季を強いって褒めてたけど、奇狼丸のことも、もっと褒めてあげて欲しかった。
戦争編に入ってからは、奇狼丸のかっこよさばかりが目立った印象。

奇狼丸と比べると、人間側はいまいちだった。
真理亜の子どもを倒した後、早季は私が殺したわけじゃないって念じて、愧死機構の発動を抑えようとしていた。
殺したと認めると、早季も死んじゃうわけだから、しょうがないけど、責任逃れしようとしているみたいに見えてしまって残念なシーンだった。
早季は、悪鬼は悪鬼じゃない説を必死で唱えたり、真理亜の子どもに人間であることを気づかせようとしていたりして、真理亜の子どもに同情的な立場なのかと思ってたけど、終わってみれば、普通に殺しただけだった。
真理亜の子どもに関しては、何の救いもない終わり方だったなあと思う。

野孤丸に対する、生き地獄の刑はなかなかむごい。
けど、野孤丸の主張の方が筋が通っている気がするから困る。
実際、バケネズミは元人間だったみたいだし。
奇狼丸も、人間の支配から脱却することを計画したことはあったようだし、実は、人間に反逆した野孤丸の方が正しかったのかも。
もし、野孤丸が、元人間である証拠を示した上で、人間側に待遇改善の交渉をしていたなら、どうなっていたのだろう。

結局、早季は野孤丸を殺して苦しみから救ってあげる。
永遠に苦しめ続けるのはさすがにやり過ぎって思うし、野孤丸も信念を貫いただけで私利私欲に走ったわけではないようだし、早季の行動は正しいのだろうと思った。
野孤丸が言っていたように、別のバケネズミがまた革命を起こさないとも限らないし、野孤丸ひとりに全責任を負わせるのではなく、人間も反省をする必要はあるのだろう。
そういう改革に向かっていくためには、野孤丸を許すことは必要だったのだろうし、許せる強さや理解力があるっていう点でやっぱ早季は優秀だったのかなと思う。
野孤丸を苦しめ続けるという富子さんの決定を、富子さんの後継者である早季が覆すっていうのも、後継者が師匠を超えたって感じで、なんかかっこいい。

呪力に関するややこしい設定や、古風な雰囲気についていけなくて、惰性で見ていただけだったこの作品。
愧死機構とか攻撃抑制とかアニメで音だけで説明されても分かんないやって感じで、そもそもアニメ化に無理があるんじゃないのって思ったりもしていた。
けど、バケネズミ戦争に突入してから急激に面白くなって、見続けてよかったと思った。
洗脳された女王とか、最後の野孤丸とか、アニメならではのグロテスクな描写もインパクトがあったし、小説のアニメ化もありなのかもって思わされた。


トラックバック送信先
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6820.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-984.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4167.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/32625-911c.html
http://kakioki60.blog129.fc2.com/blog-entry-1811.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67832301.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3202.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2464.html
http://strrratgpt.blog.fc2.com/blog-entry-650.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-683.html
http://animenikilog.blog38.fc2.com/blog-entry-213.html
スポンサーサイト
[ 2013年03月27日 11:15 ] カテゴリ:新世界より | TB(10) | CM(2)

新世界より 第24話 感想

悪鬼は悪鬼ではなかった、自分を化けネズミと思っているから人を殺しても愧死機構が発動しなかっただけ。
しかし、鏡が無いから気づかなかったというのは無理があるような。
鏡がなくても、水たまりや川に映った自分の姿を見れば気づくだろうし、そもそも、自分の目で自分の体を見れば気づくはずでは。

で、鏡作戦も失敗し、せっかくのサイコバスターも燃やしちゃう早季。
覚を死なせたくなかったってことだけど、真里亜の子どもを倒さなきゃ、覚も殺されるんだし、なにやってんのって感じ。
いろんな人から悪鬼を倒してくれって頼まれていたのに。
乾さんなんか、これじゃ完全に無駄死にじゃないか。
富子さんの後継者ってことで、期待しすぎていたせいもあるけど、大人編の早季はいいところなさすぎな気がする。

瞬との脳内会話で早季が見出した作戦は何なんだろう。
キロウマルが切り札らしいけど。
真里亜の子どもが自分をバケネズミだと思っているなら、キロウマルを殺させることで、愧死機構を発動させるとか?
でも、功労者であるキロウマルを犠牲にするのもひどい気がするな。
どうにかして、真里亜の子どもに野孤丸を殺させて、まとめて、2人やっつけるとかできないものか。


トラックバック送信先
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3190.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4154.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6801.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-962.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2418.html
[ 2013年03月21日 02:43 ] カテゴリ:新世界より | TB(4) | CM(0)

新世界より 第23話 感想

ここにきて、突然、奇狼丸に裏切り疑惑が浮上。
頼れるいいやつって印象だったのに、どうなるんだろう。
たしかに、乾の言うように、部下が死にまくっているのに、奇狼丸が洞窟を突き進んだというのは謎だ。
もしかして、奇狼丸も野孤丸みたいに人類への反逆を目論んでて、サイコバスターで人類皆殺し計画とか立ててたのかな。

最後に出てた瞬は現実?幻?
瞬の幻がでるたび、すでに死んでしまった人の話をひきずって何になるのかと思ってたけど、ここまで瞬の話を引っ張るってことは、瞬が活躍する場面がこれからあるってことかと期待してしまうな。
っていうか、むやみに外出ると鳥に見つかって危ないんじゃなかったの。大丈夫なのだろうか。

瞬いわく、悪鬼は実は悪鬼じゃないみたいだけど、じゃあ、何で人を殺しても平気なのか謎が深まる。
次回予告で、覚が最初っから騙されてたって言ってたけど、悪鬼じゃなかったって意味なのか、奇狼丸に裏切られたって意味なのか激しく気になる。

悪鬼かどうかが重要視されつつあるけど、仮に、悪鬼が悪鬼じゃなかったとして、それで、展開は変わるのだろうか。
なんにせよ、人を殺しまくったのは事実だし、乾さんとか、いろんな人から、悪鬼を殺せと頼まれてるし、悪鬼を殺す展開は変わらない気もするけど。
実は、悪鬼は野孤丸に洗脳されてただけで無罪です、めでたしめでたし、みたいな展開もありうるのだろうか。
悪鬼殺して終わっちゃうと、真里亜と守の人生を否定するようで後味悪いけど、悪鬼生かして終わるのも、殺された人たちが報われない気がするし、難しいところだ。

トラックバック送信先
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-644.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6778.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-939.html
[ 2013年03月13日 16:29 ] カテゴリ:新世界より | TB(3) | CM(0)

新世界より 第22話 感想

急に最終回に向けて、直接対決の構図を整えてきたっていう印象。
野孤丸と悪鬼が少数で乗り込んできたのも、サイコバスターが洞窟の奥にあるのも、ちゃんと説明はされているし納得できるけど、何か、対決の構図ありきでストーリーが作られている感がある。

しかし、サイコバスターなんていう便利なものがあるなら、事前に用意しておけばよいのにと思うけど、悪鬼が出現するとは思っていなかったということか。
サイコバスターは愧死機構も攻撃抑制も受けないってのはちょっと都合良すぎる設定のような気も。
人を殺すという意識が希薄ならOKというけど、悪鬼を殺すという明確な意識を持って行動しているのに、それでもOKなのだろうか。
あと、細菌兵器なんだったら、あんな狭い空間でばらまいたら、悪鬼だけじゃなくて、みんな死んじゃうんじゃないのかな。
解毒剤のようなものが用意されているってこと?

悪鬼がなぜ悪鬼になったのか、実は悪鬼じゃないんじゃないの、という早季の問いは気になる。
たしかに、悪鬼は戦闘中楽しげに笑っていて、凶悪な感じはしなかった。
ついでに、バケネズミの言葉で「痛い痛い」って言いながら逃げたイヌイさんを襲わなかったのも、理性が残っていることを示唆している気がする。
しかし、現実に人を殺しているし、それでいて愧死機構が発動してない。
悪鬼じゃないとしてもおかしいし、悪鬼だとしてもおかしいし、よくわからん。
遺伝子を改造して、愧死機構だけを取り除いたとか、そんな感じだろうか。
で、精神的にはまともで、バケネズミへの仲間意識があるから、人間を倒しているみたいな。

死んだと思ってたキロウマルが実は生きてた。
仲間が率先してキロウマルの退路を作ってくれて助かったというエピソードはかっこいい。
キロウマルと共に東京に向かう展開になったけど、キロウマルの頼りになる感がすごい。
同じバケネズミで、野孤丸とキロウマルでどうしてここまで違うんだろ。
キロウマルにしたって、人間からそんなに良い扱いを受けてきたわけではないんだろうし、なんで人間にそこまで忠実になれるのだろう。

とりあえず、キロウマルと野孤丸だと、仲間を大切にする意識は違うのかなと思う。
キロウマルは仲間の仇を取りたいって感じがすごいあるけど、野孤丸は仲間は捨て駒って感じでなんとも思ってない。
人間に対する意識もたぶん同じような感じで、野孤丸は人間の命に価値を感じてない気がする。
真里亜と守の骨を用意する、って発言も、命を軽視している感じだったし。
そんな感じで、野孤丸は仲間意識が希薄さだからこそ、手段を選ばない強引な革命が実行できたってことなのかなと思った。

トラックバック送信先
http://puchimaru2.blog.fc2.com/tb.php/626-8c81dc4c
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6757.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4128.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3166.html
http://shinjitsuakuro.blog109.fc2.com/blog-entry-2332.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-913.html
[ 2013年03月06日 10:58 ] カテゴリ:新世界より | TB(7) | CM(0)

新世界より 第21話 感想

悪鬼の正体を守と真里亜の子供と覚が断定していた。
状況的にその可能性しか考えられないし、外見がいかにも2人の子供って感じだったけど、断定できるだけの証拠は無いんじゃないのだろうか。
DNA鑑定したわけでもないだろうし。
呪力の波動とかで、分かるものなのだろうか。

あとやっぱ謎なのは悪鬼が人間と戦う理由だ。
今回を見ると、普通に化けネズミと会話しているし、化けネズミからはメシアと呼ばれてるみたい。
奴隷としてこき使われているって感じじゃないし、洗脳されているというふうでもない。
化けネズミに育てられたことで、化けネズミに仲間意識を持ってしまっているのだろうか。
しかしそうなら、人間と戦うことにもっと使命感を感じてもよさそうなものなのに、そういうのは全然感じられない。
覚に飛びかかった化けネズミの必死な感じと、悪鬼の楽しげな様子は仲間のわりには対照的だった。
まだ子供みたいだし、化けネズミの敵である悪い人間をやっつけるのが楽しいって感じなのだろうか。
そういう適当な動機で人を殺しているのなら、言葉が通じるみたいだし、説得して止めたりできないのだろうか。

鏑木肆星をやっつけたとき、悪鬼がやったのは何だったのだろう。
悪鬼のただの呪力攻撃は鏑木肆星もちゃんと防げていた。
呪力の漏出って覚は言っていたけど。
悪鬼でもあり、業魔でもあるってこと?
特殊能力を2つも持ってるなんて何というハイスペックぶり。

しかし、悪鬼と言っても、体はただの人間なんだし、肆星がやったみたいに呪力で動きを止めるぐらいはできるっていうのなら、みんなで悪鬼の動きを止めて、ナイフでグサっと刺せばなんとかなったりしないのかな。
前回の悪鬼は毒殺することができたわけで、今回だって、呪力以外の方法で殺せないものなのだろうか。
待てば待つほど、悪鬼が増えていくというなら、捨て身で突撃するしか無いんじゃないのと思う。
今なら、悪鬼を倒しさえすれば、野孤丸の野望もつぶせるわけだし、やるなら今しかないって思うけど。

トラックバック送信先
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-891.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4115.html
http://hienkyaku.blog50.fc2.com/blog-entry-3155.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67811419.html
http://puchimaru2.blog.fc2.com/blog-entry-603.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6740.html
[ 2013年02月27日 04:38 ] カテゴリ:新世界より | TB(7) | CM(2)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。