深夜アニメ感想ブログ

東京でTV放送中の深夜アニメの感想を暇なときに書くブログ。登場人物の心情やストーリーの謎の考察が多めかも。
深夜アニメ感想ブログ TOP  >  ラブライブ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ラブライブ! 第13話 感想

チームがひとつにまとまったし、学校存続も決まったし、一応、ハッピーエンド?
でも、ラブライブ出場を目指す物語だったはずだし、すっきりしない終わり方でもある。

主人公が大失敗して、何もかも投げ出すとか、チームがばらばらになるとか、そういう話を途中に入れるのはいいと思う。
実際、穂乃果は失敗を通して、自分が無理しがちで、他人の悩みに鈍感だっていう欠点に気づけたわけだし。
その上で、やっぱり好きだから頑張るって流れもいいと思う。
けど、失敗して反省したところで終わりっていうのはどうなのか。
反省を生かして、ラブライブ出場して結果を残すところまでやってほしかった気がする。

けど、よくよく考えてみると、もしかすると、ないものねだりをしているのかもしれないとも思う。
ご都合主義で、ぱぱっと成功を収めるアニメを見れば、非現実的だ、参考にならない、と文句を言いたくなり、ラブライブのような現実の厳しさを描くアニメを見ると、作り話なんだから手本になるように成功で終わらせろ、と文句を言いたくなる。
現実の厳しさを描きつつも、成功で終わらせる1クールのアニメなんてものは、そもそも無いのかも。
そういうことを視聴者に考えさせたくて作られたアニメではないだろうけど、どんな展開なら自分は満足するのだろうと考えるとけっこう難しい。

まあしかし、ミューズのメンバーの苦労をすごく丁寧に描いた作品だったと思うし、もっとメンバーの笑顔を見たかったなというのが率直な感想かな。2期があればいいけれど。


トラックバック送信先
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67839315.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-689.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4182.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52331016.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3363.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2815
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-934.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67839315.html
http://timediver2010.blog27.fc2.com/blog-entry-3444.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6841.html
http://izan499.blog.fc2.com/blog-entry-84.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-998.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52328206.html
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/11372383.html
http://strrratgpt.blog.fc2.com/blog-entry-653.html
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-727.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-3421.html
スポンサーサイト
[ 2013年04月01日 14:06 ] カテゴリ:ラブライブ! | TB(18) | CM(0)

ラブライブ! 第8話 感想

廃校決定と見せかけて、オープンキャンパスの結果が悪かったら廃校ってことだった。
穂乃果たちが聞いたのは、会話の途中からだったってことみたい。
これが、廃校が実は嘘でした、とかだと、騙されたようで腹立つけど、条件付き廃校っていうのなら腹も立たない。
危機の演出の仕方と、その後の収束の仕方がうまいなって感じ。
ついでに、最初のシーンは音楽が良かった。今までで一番好きかも。
絵里の真面目さと、焦燥感がうまく表現されてたと思う。

絵里が加入する流れは、ニコのときと似たような感じだった。
レベルの低さに呆れて加入を嫌がるけど、本当はみんなとアイドルやりたくて。
で、穂乃果が率先して誘って、加入みたいな。
まとまってく流れを見てると、やっぱ穂乃果がリーダーって感じがする。

絵里ならではの部分っていうと、やらなきゃいけないことと、やりたいことと、どちらを優先するかって話かと思う。
結局、穂乃果に誘われる形でやりたいことをやる流れになったわけだけど、それで良かったんだと思う。
生徒会の会議なんか、絵里が真面目すぎるせいで、暗い雰囲気になってて見てるこっちが鬱になりそうだった。
理事長が絵里の提案を拒絶していたのも、絵里にやりたいことをやって欲しかったかららしい。
でも、絵里がアイドル的な活動を拒絶するようになったのはなぜだったんだろう。
バレエやってた頃の失敗とか、つらい練習が原因ってことなのだろうか。
そのへんもうちょい描いて欲しかった気もする。

最後の野外ライブは、土地の広さの割には客少ないけど、あの体育館でのコンサートに比べれば、すごい増えたなって感じ。
なんだかんだで着実にスクールアイドルの道を歩んでて素晴らしい。

トラックバック送信先
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4120.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67812589.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-615.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2787
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1582.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-887.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52325295.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3319.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6736.html
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/blog-entry-101.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52322947.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-3353.html
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-690.html
http://10mohiro.blog.fc2.com/blog-entry-230.html
http://kyotofan2.blog97.fc2.com/blog-entry-361.html
[ 2013年02月25日 00:44 ] カテゴリ:ラブライブ! | TB(14) | CM(0)

ラブライブ! 第7話 感想

理事長と絵里の会話が謎だった。

絵里:「生徒会も学校を存続させるために活動させてください」
理事長:「それは駄目」
絵里:「意味がわかりません」

確かに意味がわからない。どういうことなのだろう。
学校の存続活動って、いかにも生徒会の仕事って気がするけど。
絵里もミューズに参加することを理事長は期待しているということだろうか。

動画をアップしたのは絵里だった。
副会長かニコだと思っていたけど、違った。
絵里いわく、絶望させたかったということだけど。
本当に絶望させてあきらめさせたいようにも見えるし、
絶望的な状況でもがんばろうとする情熱を見せてほしいと思っているようにも見える。
絵里自身、ミューズを応援するかどうか迷っているのかもしれない。
低レベルな人たちと一緒になるのは嫌だけど、低レベルな人たちを鍛えてレベルアップさせたい気もする、みたいな感じで。

最後、結局、廃校が決まってしまった。
ミューズを応援していたはずなのに、理事長やけにあっさりしてるのが謎だ。
理事長は廃校に抵抗する立場の人かと思っていたけど、上層部の意向には逆らえないとかそんな感じなのだろうか。

トラックバック送信先
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-864.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2780
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3309.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3727.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-850.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52324148.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1576.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6712.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52321790.html
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/11179455.html
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
http://takaoadventure.blog98.fc2.com/blog-entry-3340.html
http://kyotofan2.blog97.fc2.com/blog-entry-352.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-603.html
http://10mohiro.blog.fc2.com/blog-entry-225.html
[ 2013年02月18日 13:10 ] カテゴリ:ラブライブ! | TB(14) | CM(0)

ラブライブ! 第6話 感想

だれがリーダー&センターにふさわしいかについて論争が勃発。
カラオケ・ダンス・ビラ配りで競争して決めることに。
結果、差がつかなくて、センターはみんなでやればいいということに。
でも、リーダーにふさわしいのは、アイドルになりたいという思いの強い穂乃果だよね、って、みんなが認めて終了。

リーダーになるにふさわしい人はどんな人かってことについて考えさせられる話だった。
結局、思いの強さが決め手になって、穂乃果が選ばれたわけだけど、にこや真姫が言っていたように、統率力やスキルも重要とは思う。
だから、思いが強くて、スキルも、統率力もあれば最強なんだろうけど、そんな完璧な人間は現実にはいないし。
一口に、リーダーっていっても、人間である以上、タイプがいろいろあるってことなのだろう。

で、穂乃果はそういう統率力とスキルに劣るリーダーなわけだけど、それでも、わりとチームをまともに運営できてるのは、穂乃果がそういう弱点を補うのが上手だからではないかと思う。
たとえば、穂乃果は歌詞も曲も作れないけど、歌詞や曲を書いてくれるひとを見つけ出し、仲間に引きずり込むことができる。
あとは、センターを毎回、務めるだけの能力は無いけど、特にそれを気にすることの無い神経の図太さがあるし。
自分の力でなんとかすることにこだわらないから、みんなでやればいいというアイディアが出せる。
そんな感じで、他人の力を活用することができるのが穂乃果の隠れた長所なのだと思う。
思いの強さだけがとりえのお飾りのリーダーっていうのとは違うんだろうなって思う。

この作品のみんな仲良しって感じのほのぼのした雰囲気も、統率力は無いけど他人を頼るのがうまい穂乃果がリーダーだからこそのものなのだろうと思う。

トラックバック送信先
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52322307.html
http://strawcat.blog12.fc2.com/blog-entry-4093.html
http://soraxcan.blog59.fc2.com/blog-entry-3719.html
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-835.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2773
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67801968.html
http://najigo.blog31.fc2.com/blog-entry-910.html
http://tiwaha.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/tokyomx21006-95.html
http://blog.livedoor.jp/t_cherry398/archives/51711247.html
http://hibikidgs.blog.fc2.com/blog-entry-1570.html
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/blog-entry-91.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-844.html
http://precurefight.blog77.fc2.com/blog-entry-2284.html
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3297.html
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-3238.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52320656.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6696.html
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/11143801.html
http://kyotofan2.blog97.fc2.com/blog-entry-352.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-603.html
[ 2013年02月11日 10:29 ] カテゴリ:ラブライブ! | TB(19) | CM(0)

ラブライブ! 第5話 感想

にこが参入する回だった。
にこはプロ意識が高すぎて、素人っぽい穂乃果たちをはじめは拒絶する。
そんなにこに対しても、穂乃果は仲間として接することで、にこの説得に成功する。
一度や二度、拒絶されてもめげない穂乃果はえらいなと思ったし、仲間はずれを作らないように、
孤独な人に積極的に声をかけていく姿勢も素晴らしいなと思った。
ぶりっ子キャラになる練習はさすがにどうかとは思ったけど、まあ、お客さんを喜ばせるために自分を捨てて演技することも必要っていうのは正しいかなと思う。
全体的に、みんなで仲良くっていう雰囲気と、アイドルとしてやっていく厳しさが両方描かれる、この作品らしい展開でよかった。

けど、にこに対しては、自分はあんまり良い印象が無い。
過去、プロ意識が高すぎて、スクールアイドルを共に目指した仲間たちから拒絶されたというのなら、それを反省することが必要だったんじゃないのと思わずにはいられない。
今回を見る限りでは、にこに反省している様子は無い。
穂乃果たちはにこにあわせて歩みよっているのに、にこのほうがまるで変わっていないように見えて、どうなのかと思った。
にこだって、周りのレベルに合わせた指導を身につけるというような反省が必要だったのではないか。

にことは関係ないけど、今回、凛がわりと活躍してたのは良かった。
前回は花陽がメインで、凛はおまけみたいな感じだったし影薄いなと思ってたけど、今回でだいぶ持ち直した感じ。
前回の印象だと、花陽を見守るお姉さん的な立場かと思っていたが、意外と天然ボケっぽい。
穂乃果に一番近いキャラな感じがする。

なんか、この作品はキャラの配置にバランスが取れてるなと思う。
なにをやるにしても、肯定派、中立派、反対派に分かれるように調整されてる感がある。
たとえば、今回だと、雨が降ったときの対応だと、穂乃果、凛が雨でもやる派、海未とことりは中立、真姫と花陽は反対。
にこの演技に対する反応だと、花陽が賛成、穂乃果、海未、ことりは中立、真姫と凛は反対。
にこが「アイドルはキャラが大事」って言ってたけど、このメンバーの場合、ナチュラルにキャラがたってる感じがして、普通にしているだけでも見ていて面白い。

トラックバック送信先
http://nanohana0103.blog.fc2.com/blog-entry-821.html
http://haruhiism.blogism.jp/archives/52321354.html
http://renpounasu.blog.fc2.com/blog-entry-575.html
http://blog.livedoor.jp/sumi4460/archives/67796254.html
http://subcul.jugem.jp/?eid=2766
http://hyumablog.blog70.fc2.com/blog-entry-3286.html
http://natusola.blog105.fc2.com/blog-entry-822.html
http://blog.livedoor.jp/rin20064/archives/52319499.html
http://picoro106.blog39.fc2.com/blog-entry-6675.html
http://tdragon2000e.blog7.fc2.com/blog-entry-3230.html
http://kimamaturedure.blog.fc2.com/blog-entry-86.html
http://blogs.yahoo.co.jp/japantraveler88/11108356.html
http://kyotofan.net/books_anime/lovelive/schoolidol_05/
http://moerukabunushi.blog77.fc2.com/blog-entry-673.html
http://10mohiro.blog.fc2.com/blog-entry-214.html
[ 2013年02月04日 01:37 ] カテゴリ:ラブライブ! | TB(12) | CM(0)
カウンター
サイト内検索
広告
広告
プロフィール

NoranekoLove

管理人:NoranekoLove
深夜アニメと野良猫が好き。
トラックバック、拍手、コメント、相互リンクすべて大歓迎です。

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。